ブログ

ブログ|【公式】博多筑紫口 肉寿司 -おすすめ新感覚居酒屋-

美味しい脂身が堪りません|博多築紫口 肉寿司

こんにちは!博多築紫口 肉寿司PR担当です。

 

そろそろ「ジメジメ」という空気の足音が聞こえてきそうですね。

四季のある日本ならではの季節とも言えますよね。

そんな風に季節を楽しめるような心の余裕がある人間でありたいですね。

 

甘みのある脂です

外観

当店自慢のメニュー「肉刺し」の中でも、脂分をメインとしたメニューが「馬あぶら刺し」です。

この脂は、とても甘みのある脂で、他の肉刺しにはない味わいです。

しかも、歯切れの良さも特徴で、とても食べやすくなっています。

脂と聞くと、しつこくて、味が濃いというイメージがついてしまいがちですよね。

でも、この馬あぶら刺しは、そんなイメージとが違い、ついおかわりしたくなるほどなのです。

ぜひ、そんな自慢の「あぶら」を召し上がってみてくださいね。

 

お肉の合間にサラダはいかが?

当店では、お肉以外にも、お口直し的存在として、サラダをご用意しております。

その中の「チョレギサラダ」をご紹介しましょう。

名前を聞いただけで、韓国っぽい・・と感じますよね。

その通りで韓国風サラダなのですが、実は日本独自のメニューであることを知っている方は少ないのではないでしょうか。

チョレギとは、方言の一種で、浅漬けキムチのことを指すのです。

でも、チョレギサラダにはキムチなんて一切入っていません。

実は流行ったのは、某企業のドレッシングに名前が使われたことで、広まったとされています。

生野菜にかけるドレッシングを他とは違うネーミングで出したいという企業の意向で付けられたのです。

今では、ごま油を主とする塩味のサラダのことを「チョレギサラダ」となっているのです。

実際、韓国料理にはごま油は欠かせない食材ですから、韓国料理として出されても間違いではないのです。

そんな企業戦略から生まれたサラダは、あっさりとしていて、どんな料理でも邪魔をしない味付けにしております。

前菜としても、お口直しとしても、〆の1つとしても召し上がっていただけますよ。

 

 

 

 

こだわりある店内と逸品料理

和風なレトロな空間の店内で、自慢の肉寿司をご堪能下さい。馬肉の赤身、せせり、中トロなどの握り達、ローストビーフ、和牛とろカルビ、名物さしとろなどを独自の調理法で仕上げております。
また、肉さし、肉珍味など逸品料理も多数ご用意しております。ぜひご賞味下さい。

本日もみなさまのご来店心よりお待ちしております。

以上、博多築紫口 肉寿司PR担当でした!

各種お問い合わせ・ご予約は下記の電話番号まで!

電話番号:050-5269-7556

ネット予約はこちら!
Facebookはこちら!
Instagramはこちら!

 

※コース料理に関しまして、内容、構成が一部異なる場合もございます。詳細は、予約時にご確認ください。

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

店舗一覧